TOP画像

アトピーに効くカモミールの使い方と効果

アトピーにはカモミールが効果があると期待されています。カモミールとは良い香りのするハーブの一種です。カモミールはどのようにアトピーに効果的なのでしょうか。

カモミールを直接アトピーの起きている皮膚につける方法があります。カモミールには保湿効果、抗アレルギー効果が期待されています。カモミールを入れて化粧水やクリームを手作りすることも意外とかんたんにできます。自分で作ったものは添加物などもないので安心して使用できますよね。

カモミールウォーターというものもよく効くといわれています。抗炎症作用が期待できるので、かゆみを抑えて保湿できます。アトピーだけでなく日焼けした後にもよいといわれています。肌を整える効果があるのです。

そして、カモミールといえば、アロマテラピーです。アロマテラピーというと専門的で手間がかかるようなイメージがあるかもしれませんが、もっと気軽なものなのですよ。カモミールオイルには、鎮静作用、消炎作用があります。心を静めてリラックスさせて、痛み、かゆみを取り除くということです。

アロマテラピーのやり方はいろいろあります。よく見かけるアロマポットなどの専門器具を使うのはもちろんよいですが、お風呂にオイルを数滴入れたり、蒸しタオルにして直接アトピーの患部にあてたりしても効果があります。

ただし、カモミールのオイルはかなり高価です。そうたくさん使えるようなものでもありません。アロマテラピーがよいな、と感じたら、カモミールだけではなく、他のオイルを試してみてもいいかもしれません。消炎作用や殺菌作用があるオイルはほかにもいろいろな種類があります。そして、先にあげたカモミールウォーターなら、安価で手に入りやすいし、カモミールのオイルも含まれていますから日常的にたくさん使えると思います。

気をつけたいのは、どんなに効くといわれていても自分に効果がないと思ったら止めることです。アロマテラピーは香りが嫌いなものだったらかえってストレスになってしまいますからアトピーにもよくありません。はじめのうちは、精神的にリラックスするつもりでオイルを選んだりカモミールを試してみてください。

カモミールはもちろんハーブティーとしてもメジャーです。心を静める効果があります。香りも水の色も人気があります。カモミールティーを飲んでリラックスしながらアトピーもよくなる、なんてなんだか楽しくなってしまいますね。


カサカサお肌がぷるっぷる肌に!

アトピー化粧品 【もうカサカサなんて言わせない!】

お風呂上がりなどカサカサになりすぎて笑っただけで肌が割れたりしませんか?アトピーがひどいと普通に肌が割れてしまったりしますよね…この化粧水はアトピーとか超敏感肌の人専用に作られたものなので値段はちょっとアレですが抜群に潤います。砂漠に湧き水がわいたように潤いますよ。

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ