TOP画像

有名な『米のしずく』でアトピーを大幅改善!

米のしずくの体験談 【妊婦も乳児も安心の天然素材】

アトピー改善=内面治療!と言われるほど食べるもので大きく改善できることはアトピーで悩んでいる方であれば誰でも知っていると思います。米のしずくはすごく美味しいのでずっと使い続けられるほど飲みやすいものになっています。一度私が体験したレビューを見てみてくださいね!

⇒米のしずくレビューはコチラ

カサカサお肌がぷるっぷる肌に!

アトピー化粧品の体験談 【もうカサカサなんて言わせない!】

お風呂上がりなどカサカサになりすぎて笑っただけで肌が割れたりしませんか?アトピーがひどいと普通に肌が割れてしまったりしますよね…この化粧水はアトピーとか超敏感肌の人専用に作られたものなので値段はちょっとアレですが抜群に潤います。砂漠に湧き水がわいたように潤いますよ。

⇒サラエボレビューはコチラ

アトピー肌で本当に辛かった体験・・

~ご挨拶~

初めまして後藤といいます。私も長い間アトピーに苦しんだ一人です。アトピーだからというだけで色んな事が障害になって、嫌になったりもしてきました。そんな私の過去の経験と今現在の私について少しお話したいと思います。

思春期の頃のアトピーの悩み

一番の悩みははやはり「見た目」でした、肌がボロボロになり火傷をしたかのうように患部が赤く腫れてしまうこの肌がとてもコンプレックスとなりました。物心ついた小学生の頃から高校生までずっと「学校」という他の誰かと必ず顔を合わす場所に行く事も、少し苦痛に感じてしまっていました。

やはり一番は、思春期に入った中学生~高校までの間です。異性も気になる年頃だったので、より一層自分を隠すような自閉的な気持ちになってしまったのは忘れられません。

周りが気にしていなくても、自分自信が過剰に気にしてしまうという事が多いと思います。痒いですし、掻いたら血が出ますしね・・中学・高校の時なんかは、学校指定のシャツでしたので、首元のアトピーが悪化してしまっていると、血が付いてしまったりなんてほぼ毎日でした。

修学旅行でも、寝ている間に掻いてしまった朝には、枕に血が・・なんて事もあって物凄く自己嫌悪してしまいましたよ。周りがどう思っていたかは分かりませんが、子供ながらにとても嫌な経験となってしまいました。

これ以外にも沢山ありますが、思春期の頃のアトピーはとても「嫌」なものでしかありませんでした。

今現在の私とアトピーについて

今現在私のアトピーは完治しています。病院に行って診察はしてもらってませんが、症状も出てませんし、皮膚も痒くなりません。大人になってからもアトピーを完治出来ずに5~6年程、皮膚科に通っては再発の繰り返しの生活でした。では私が完治出来たのは何故?と思う方が大半だと思います、それはとある方法に出会ったからです。

普通アトピー=病院で治す。という考え方が一般的だと思いますが、その病院で治す事が出来なかった人には特にオススメしたいアトピー改善法です。もちろん自宅で実践する事ができますので、毎日の生活の中で可能な事しか書いてありませんよ。

少し継続しておこなったら病院に行く事も無く、自然とアトピーを完治する事が出来たんです。本当に驚きました、でもあまりにも生活の中で自然にアトピーという病気が治っていったので、本当に完治した!という実感が湧いたのは、治ってから少し経ってからだと思います(笑)

そんな私の体験談も含めた、ページをご用意しましたので、「本気でアトピーと向き合って治す意志のある人」のみこの方法に関する詳細を見てください。

アトピーは他人任せで治るようなものではありません。その重要な自分自信の部分を改めさせてくれるとても大切な内容です。

本気で改善!自宅でアトピー治療の方法

【 アトピーの基礎知識 】


アトピー性皮膚炎の事をどれくらい知っていますか?長年アトピーと戦いながら過ごしてきた人でも知らない事もあると思うのでしっかり抑えておきましょう!
アトピーだと医療保険に入れない?
アトピーと飲酒について
アトピーは医者にいった方がいいのか


【 アトピーの原因 】


アトピーが悪化する原因はそこらじゅうにあります。生まれる前から両親の健康状態や、遺伝するとまでも言われています。原因を探って改善を!
そのアトピーは花粉症が原因かもしれない
アトピーでできるかさぶたの原因とその対処法
タイプ別でみるアトピーのかゆみの原因とは


【 アトピーの症状 】


アトピー性皮膚炎の症状とその対処方法をご紹介!小さな子供の場合はご家族の方がしっかりとケア!すぐに対応出来るようにしましょう!
かゆい痛いアトピー肌には冷やすことが効果的
アトピー肌を掻かないで我慢する方法
アトピー改善のために空気清浄機を賢く使おう


【 アトピー対策 】


アトピーはなってしまったら少しでも対策をして発病するのを防ぐのが最優先です!季節ごとや、部位ごとに有効的なアトピー対策を教えます。
アトピーが陰部に出来てしまった場合には
アトピーとインフルエンザについて
アトピーには汗をかかない事が重要!


【 アトピーと保湿の重要性 】


アトピー肌は乾燥肌とも言われています。かさかさしていて水分が明らかに足りてない感じです。お風呂上りにもちゃんとしたケアするように心がけましょう。
アトピーの悩みの種、頭皮の保湿に効く保湿液
アトピー肌にとって保湿が重要な理由
赤ちゃんのアトピー肌の保湿方法いろいろ


【 アトピーと食事の関係 】


アトピーと食事には昔から密接な関係があると言われています。高カロリーのものばかりや、お菓子等、偏った食生活を送っていてはアトピーは改善出来ません!
アトピーでも食べていいお菓子とは
カスピ海ヨーグルトはすごい効果
アトピーのタイプによってはキムチが効果的


【 アトピーに効く温泉 】


アトピーに効果的と言われる温泉は日本に多々あります。症状によってはキツ過ぎたり効能が違ったりと効果が半減以下に・・事前チェックを忘れずに!
アトピー肌に効果的な北海道の温泉
アトピー肌に効果的な関東の温泉
人によってアトピーに効く泉質は違います


【 部位別に見るアトピー 】


部位別に見るアトピーの症状と治療の方法!具体的な例や実際のアトピーを改善した人の声も交えて掲載しています。あなたと同じ悩みがあるかも。
足裏アトピーの症状と治療法
耳のアトピーケアの落とし穴
かいちゃダメ!目の周りは危険がたくさん

口コミで評判のアトピー改善のためのスキンケアの方法

アトピー性皮膚炎で肌の悩みを抱えている方のために、口コミで評判のアトピー改善のためのスキンケアの方法をジャンル別にご紹介します。

<市販の保湿剤でスキンケアしたい!>

アトピーの口コミを集めました。

●花王キュレルは、敏感肌用だけあって、シャンプーも保湿剤も肌にしみずに使い心地がよいです。

●DHCのラインナップは安価な上にコンビニでも手に入るし、アトピーにもやさしい。

●Dr.ARKは敏感なアトピー肌にぴったり。おすすめしたアトピーの人で合わなかった人はいない。

●高い化粧品を使うよりも、生協で1個100円くらいの無添加石けんを使えば安心でアトピーもよくなった。

●ドラッグストアで500ミリリットル90円くらいの、とても安価に手に入る精製水をスプレーすれば他の保湿剤は要らない。

<食べ物でスキンケアしたい!>

●カスピ海ヨーグルトは腸内の働きを普通のヨーグルトよりもよくしてくれるために、アトピーで胃腸の働きが弱い私に強い味方。味もすっぱくなくて、毎日続けられる美味しさです。

●カモミールティーは心をリラックスさせる効果もあるため、ストレスが大敵のアトピーに効果的。炎症作用もあるのでかゆみも減った。よく眠れるので肌の代謝も進む。

●MIKIプルーンを飲んだら薬を飲むより早くアトピーが改善した。

●卵や牛乳を取らず、野菜、白身魚中心の食生活にして、とにかくよく噛んで食べること。アトピーはそれで一気に改善する。

<サプリメントでスキンケアしたい!>

●どくだみは、解毒作用があるので肌が美しくなる。

●スクワランやコラーゲンは肌の水分を保ってくれるため、アトピーの乾燥肌によく効く。

●ビオチン(ビタミンHとも)は、炎症を防いで、毛細血管を丈夫にする。子どものおむつかぶれにも効果がある。

<衣服でスキンケアしたい!>

●肌に直接触れる下着に化学繊維が入っているとアトピーは悪化するので、必ず綿100パーセントのものを選びます。

●保湿成分のキトサンが入っているポロシャツはアトピーを持っている子どもにも安心です。

●下着は縫い目が肌にあたってチクチクするので、裏返して着ることで改善する。

<漢方でスキンケアしたい!>

●黄連解毒湯で赤みやジュクジュクした強いかゆみが軽減された。

●紫雲膏はカサカサのアトピー肌に効果的。

●太乙膏で、脱ステロイドのリバウンドを乗り越えた。アトピーに効果的と有名らしい。

<温泉でスキンケアしたい!>

●強い酸性の泉質なら、アトピーのカサカサ敏感肌もうるおってかゆみもなくなる。

●重曹泉が私のアトピー肌に合っていて、身体も温まり代謝もアップした。

●温泉で温まることによって、代謝がアップするので、汗などで身体の中から悪いものが出てアトピーの治りが早くなります。

などなど、代表的なものをご紹介しました。もちろん人によって合う、合わないがありますが、これらの口コミがアトピーの改善に少しでもお役に立てば幸いです。

アトピーのスキンケアには手作り保湿剤が安心です

アトピー性皮膚炎のスキンケアのために、星の数ほどある保湿剤。いろいろな口コミもあって、迷ってしまいますよね。自分の好みに合わせて手作り化粧品を作ってみてはいかがでしょうか。アトピーのスキンケアのために、手作り保湿剤についてご紹介します。

アトピー性皮膚炎で避けたいのが、化学物質など人工的なものの摂取です。市販の保湿剤にもいろいろあって、パラペンフリー、ノンアルコール、無添加、無香料、などを表記して「敏感肌用」とうたっているものもありますが、必ずしも自分のアトピーに合うとは限らないのが現実です。極端にいえば、化学物質を使っていようとも、それにアレルギーを起こさなければ肌に合うということなのです。どれが肌に合うかは試してみないとわからず、トライアルセットなどお試し価格のものを購入しても、総合でかかる費用を考えるとお財布が苦しいですよね。

そこで、アトピーのスキンケアのために、手作り保湿剤を作ってみてはいかがでしょうか。手作りなら、自分の好みに合ったものを作りやすいし、費用も市販品のものをたくさん買うのに比べてそこまでかかりません。なにより、中身が見えるため、ノンアルコールなどと成分表示を気にしなくてよいのでアトピーには安心ですよね。

手作りスキンケア用品は意外とかんたんにできます。スキンケアの基本は水です。水さえあれば、あとは好きな保湿アイテムを入れればよいのです。水は水道水は避けましょう。ドラッグストアで大変安く手に入る精製水や、コンビニなどでも売っているアルカリ天然水、海洋深層水などがアトピーの肌によいと評判です。保湿アイテムは、ヒアルロン酸などドラッグストアで手に入るものから、少しぜいたくしたい場合はアロマオイルなどを入れると楽しいですね。保湿を重点的にしたい場合、炎症をおさえたい場合などでどのアロマオイルを使うか変わります。スーパーで売られている果物や野菜をスキンケアに使う人もいます。レモンなどのかんきつ類に保湿効果があることは有名ですね。

いきなり一から手作りするのはちょっと抵抗がある方は、既成のスキンケア保湿剤を混ぜてオリジナルの保湿剤を作るのもよいと思います。ワセリンを少量練って、アロマオイルと混ぜることで、心もリラックスするクリームになります。他にもいろいろな組み合わせが口コミで広まっています。また、手作り化粧品のキットも売られていますよ。

手作りスキンケア用品を使うときに注意したいのは、防腐剤などが入っていないために、作ったらすぐに使い切ることです。一時保存は冷蔵庫に入れるとよいでしょう。手作りで楽しみながらアトピーのスキンケアができたら、アトピーも早く治りそうですよね。

このページの先頭へ